あなたの不動産に「付加価値」を提供し、査定価格以上の成約を実現します!

  • よくあるご質問
  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
  • 会社概要
ホーム > 任意売却とは? > 失敗しない任意売却

失敗しない任意売却

任意売却は、今後に生活に関わる大きな決断です。任意売却は開札が始まるまでの限られた時間で解決しなければ競売が避けられないため、失敗できません。
早めの決断は重要ではあります。しかし、目先の督促のために容易に真意売却を依頼すると、思わぬ失敗となります。

任意売却は不動産の売却ですから、自宅近くの不動産業者でも話は聞いてくれるところはあります。大手業者だから大丈夫?そうとも限りません。債権者への抵当権抹消等の交渉、書類作成などは専門性が高く一般の不動産業者には難しいのが実情です。

債権者との連絡調整や交渉ができ、売主(あなた)の意思にそった交渉を進められる専門業者への依頼が必須です。

「この人に依頼する」と、決めたら必要なことは全て話してください。

  • ①現在の状況
  • ・住宅ローンの残高
  • ・住宅ローン以外の借入について
  • ・保証人や共有者などはいるか
  • ・家族は現在の状況を理解しているか
  • ②今後の生活の希望
  • ・今の家に住み続けたい
  • ・親族や知人に売却したい
  • ・任意売却後、どのような支払条件であれば支払可能か

住宅ローン以外に例えば消費者金融やカードローンの借入があることは恥ずかしいことではありません。また、借入をしなければならなかった事情など知られたくないことはお話しになる必要はありません。恥ずかしいという理由でお借入金額を少なく申告されたり、すでに失業されているのに「復帰予定がある」のような申告はしないでください。担当者は今後の見通しを正確に判断ができなくなります。
その結果、交渉を始めても途中で債権者との信頼関係が壊れてしまい任意売却ができなくなったり、任意売却が終わっても残債の支払いができず数年後には自己破産になるといった結果につながります。

いつ相談すればいい?

「ローンの返済を続けていくのはこの先難しい」と感じたらすぐにご相談ください。
相談が遅すぎると対応が間に合わなくなることもあります。早すぎて困ることはありません。

そろそろ滞納が始まりそう・・・というタイミングでのご相談を最も多く頂いています。この時点でご相談いただいた方はほとんどご希望に近いかたちで解決しています。

※滞納が起こってから各段階にかかる時間は債権者や地域により異なります

>お近くの売却の窓口を探す。

マンション売却のご相談は、ウェブサイト・お電話より受付ています

  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
このページの先頭へ