あなたの不動産に「付加価値」を提供し、査定価格以上の成約を実現します!

  • よくあるご質問
  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
  • 会社概要
ホーム > 任意売却とは? > 残ったローンはどうなるのか?

残ったローンはどうなるのか?

任意売却した後もローンが残ってしまう・・・

それは、帳消しになるのか?これは、知っておきたいところではないでしょうか?

結論から・・・

任意売却しても残債は帳消しになりません。残債は自己破産などの法的整理を行うか私的整理を行うことになります。

私的整理の場合、これまで通り支払っていくわけではなく、債権者と無理のない範囲で返していくという話合いを行います。

事例①

【任意売却前】
ローン残高     2,500万円

住宅ローン・・・・月々返済額       約120,000円
         ボーナス月返済額    約300,000円

【任意売却後】
ローン残高        2,500万円
売却価格        △2,000万円
任意売却後の残高     500万円

支払額・・・・・家賃月々          65,000円
        残債の月々返済額      10,000円
        残債のボーナス月返済額   なし

この事例の場合、2,500,万円(ローン残高)―2,000万円(物件価格)=500万円が残債となります。

残債は速やかに支払わなければなりませんが500万円の大金が簡単に用意できるなら自宅を手放す必要はありません。
任意売却になっているわけですからそこは債権者も理解していますから、強引に取り立てるのではなく「返してもらえる範囲で返してもらおう」という方針になるのです。債権者との話し合いを行い生活状況に応じて、月々1万円づつ、2万円づつなど現実的に支払っていける範囲内で支払っていく、という約束に落ち着くことがほとんどです。

住宅ローンは不動産を担保にした借入があったのに対し、残債は無担保の借入ですが支払条件の見直しには柔軟に応じてもらえることが多くあります。だからと言って、支払わなくても良いということではなく、返済を続けていく誠意をきちんと示さなければいけません。

>お近くの売却の窓口を探す。

マンション売却のご相談は、ウェブサイト・お電話より受付ています

  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
このページの先頭へ