あなたの不動産に「付加価値」を提供し、査定価格以上の成約を実現します!

  • よくあるご質問
  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
  • 会社概要
ホーム > 任意売却とは? > 実例で見る任意売却!

実例で見る任意売却!

実際にはどのくらいの価格で売れて、どのくらいの資金が残るの?状況により異なりますが一般的な事例をご紹介します。

離婚した元夫が、ローンを滞納・・・

Y様は元夫名義のマンションにお子様と暮らしていました。住宅ローンは元夫が養育費ということで支払う約束になっていました。
しかし、ある日、裁判所から「担保不動産競売開始決定通知」という書類が届きました。驚いて元夫に連絡をしたところ・・
「昨年から仕事がかわり収入が減ってしまい支払ができていなかった・・」
とのことでした。

●借入金 3,400万円  ●残債 2,500万円

2,200万円で任意売却

引越費用80万円確保。残債300万円は住宅ローン以外にも借り入れがあったため、ご本人(元夫)は債務整理を弁護士に依頼。

収入が減り、住宅ローンの負担が大きくなった・・・

家は若いうちに・・と考え家を購入しました。収入があがることを見込んで住宅ローンを利用したが思うように給料はあがらず、支払いがキツクなりました。
返済額がアップした際にリスケを行い、月々の返済額を減らしてなんとか支払を続けてきたが限界を感じた。もう、家を持っていることが人生最大のお荷物と分かり、任意売却を選択したとのことでした。

●借入金 3,800万円  ●残債 3,000万円

2,000万円で任意売却

引越し費用100万円を確保。残債については月々無理のない範囲(1万円)づつ当面支払うことに。

父が亡くなり、残された自宅と住宅ローンをどうしていいか分からなかった・・・

お父様が突然亡くなり、病気のご兄弟と少し認知症が見られるお母様を抱えて残された住宅ローンの自宅についてどうしていいかわかりませんでした。ご相談者様は介護もあり、無職でしたのでローンの支払いもできず、一括返済する預貯金もなく途方に暮れていたとのことです。

●借入金 4,800万円  ●残債 2,600万円

2,700万円で任意売却

諸費用は売却代金からまかなえ、借金も全て返済できました。現在は、公営住宅に転居ができ平穏な生活をスタート。

>お近くの売却の窓口を探す。

マンション売却のご相談は、ウェブサイト・お電話より受付ています

  • 無料査定フォーム
  • ご相談・お問い合わせ
このページの先頭へ